読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


荷物断捨離プラン(2):HDDを断捨離するため写真と書籍データを何とかする

こんにちは、くみです。

荷物を軽く小さくするためにHDDを断捨離したく、今せっせとデータと向き合っています。今処理をしているのが写真データと本のデータです。

前回:

荷物断捨離プラン(1):肩こりを良くするために荷物の総重量を軽くしたい - @kum_i log

写真データは2006年頃からデジタルなのですが、それ以前はアナログの写真をスキャンしています。

HDDから取り除くために、以下のデータ移行をする事に決めました。

  • 写真データをHDDからFlickrとクラウドストレージに移す
  • 書籍データ(Kindle最適化版)をAmazonのクラウドに移す

 

写真データをHDDからFlickrとクラウドストレージに移す

Flickrもクラウドストレージも第三者提供サービスなので、個人のオフラインデータストレージに保管するよりも信頼性は落ちるだろうなと思います。
ISO/IEC27001で定められている三項目のうち、私は機密性はそんなに厳格に求めていないのですが、完全性と可用性が損なわれるのは困るなあと思っており。

なので片方だけではなく可用性を追求してFlickrにあげ、一方で完全性を担保するためにクラウドストレージにバックアップするという二重保管で行こうと決めました。
まあそんなに無くなって困る写真ないんですけどね!

クラウドストレージを比較

さて何のクラウドストレージにしようかな。という事で自分が登録しているクラウドストレージを比較してみました。

私の写真フォルダはHDDに数十GBあるので10GB以下だとちょっときついし、写真データのために有料プランを契約するつもりは今のところありません。

なのでOne DriveかBoxにする事にし、50GBはもっと大きなデータフォルダのバックアップを取りたいのでOneDriveに移す事にしました。

▼今の割り当てはこんな感じ

サービス名今の私の無料領域 (GB)用途
Dropbox 9.4 機密性のあまり必要ない情報でiPhoneでも使ったりするもの
(Web用の自分のIdentity Photoとか
Sugarsync 100GB
(有料プラン契約中) 
主に本体のiTunesデータや他作業中の資料のバックアップ
GoogleDrive 15 Gmail(特にバックアップの想定はまだなし) 
Box 50 将来なにか大きいフォルダに使いたい
OneDrive 30 写真データの二重バックアップ用 
SpiderOak 3 何か機密性が求められるデータ
Bitcasa 8.2  考え中(同期ではなくネットワークドライブのように使えるので、それを活かしたい)
せっせとFlickrとOneDriveにアップ

決めたところでせっせとFlickrとOneDriveにアップです。
Flickr、アップロードの速度速いね!

コツは予め写真をフォルダに分けておいて、その単位でアップロード時アルバム(Album)を作成して割り当てる事だろうか。

あとでAlbumsをまとめてコレクションというものを作れるし、タグ付けもできるので人に見せる時に便利そうです。国ごとのコレクションとか犬やネコ毎のタグを作りたい。

参考:

 

iPhoneだけではFlickrは使えない子と言わざるを得ませんでしたが、PC版は一味ちがうぜ!
しかしFlickr、『Set』がPC版の方は『Albums』に名称変更がされているのに、iPhoneの公式アプリの方は未だに『Set』になってるのはなぜなんだろう…アプリは放置されているのかしら…

関連記事:


iPadやiPhoneだけで写真を管理する方法(2)Flickrを試してみる - @kum_i log

書籍データをAmazonのクラウドに移す

日本を離れる時に、約200冊あった書籍のうち150ほど選んでPDF化し、残りは諦めました。

で、手元にKindle Paperwhiteに最適化したデータがたくさんあるので、Amazonのクラウドストレージ?にあげちゃおうかと。

Amazonのクラウドストレージの構成がよくわからない

Kindleにはメールで書籍データをいくつか既に送っていました。

AmazonのクラウドストレージってかAmazon Cloud Driveと思っていたのですが、Kindleに送ったデータが見当たらないんですよね…
公式のヘルプには

パーソナル・ドキュメントをSend-to-Kindle Eメールアドレスに送信すると、コンテンツと端末の管理とAmazon Cloud Driveに保存されます。

Amazon.co.jp ヘルプ: Kindleパーソナル・ドキュメントサービス

と書いてあるのになあ…

▼ここにない…(´・ω・`)
https://www.amazon.co.jp/clouddrive/

 

で、どこからKindleに送ったデータを見れるかというと、

  • Amazonのアカウントサービス>デジタルコンテンツ>コンテンツと端末の管理

まで進んで、表示を『本』から『パーソナルドキュメント』にすると出てくるんですよね…

なので、Amazon Cloud DriveにアップしてもKindleでダウンロード出来ないだろうと考え、Kindleへのアップローダを探してみました。

Amazon公式アップローダ・Send to Kindle

なぜか日本のAmazonになく、米Amazonのページになるのですが…

Amazon.com: Send to Kindle

私は米日両方のアカウントを持っていて連結してあるのですが、問題なく日本の方にアップロード出来ました。

これでドラッグアンドドロップするだけでKindleに送れて便利!

著者がPDF作者(つまり自分)になるので、それをいちいち直すのが面倒ですが…

これで今書籍データをせっせと送っています。端末にダウンロードしてなくても、クラウドからすぐにダウンロードできるようになるので、バックアップという意味以外にも利便性が向上して嬉しい!

 

 

とりあえずこれで写真データと書籍データは多分なんとかなると思う。
HDD断捨離に一歩近づいた…はずだ!
やったねたえちゃん!

  

Flickr - Upload, edit, and share your photos
無料
 
(2014.11.15時点)
posted with ポチレバ
広告を非表示にする