読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


無事にプノンペンに着き、ホーチミンに向かっています

こんにちは、くみです。
iPhoneからの更新です。

早朝に無事にプノンペンに着き、ホーチミン行きのバスに乗り換えました。
料金も追加請求されず、新しいチケットを発行してもらったので一安心。

今回ポイペトからバスに乗るにあたり、いくつかのバッドシナリオを想定していました。どれにもあたらなくてよかったです。

  1. 料金を払った後に約束の時間にバスは来ず、代理店もしまっていてお金だけとられる形に
  2. バスはプノンペンで止まり、ホーチミンまでの値段でプノンペンまでしか行けない
  3. 車内で窃盗に遭う
  4. バスが強盗や山賊に遭う
1はバスが来ることで回避し、4は不可抗力なので仕方ないとして、2がちょっと怖かったんですよね。ありえるので。クメール語で行き先をなにか書かれたんですが読めないですし…
でももしプノンペンに置いて行かれても、結局はお金の問題(それも7-8$とか)なので、ネタというか経験値になるかなと思って割り切ることはできるかな。

3は何を利用するにしてもつきまとう問題です。ワイヤーロックや布をつかって自衛しましたが(後で詳しく書きますね)、こういうのってこう自衛したから無事だった、と言い切れないところがあって…。『結果無事だった』ということでしかないんですよね。
本当に価値のある情報は『こういう状況下で被害に遭ってしまった』の方なんだろうと思います。そこから対策が練れる(もしくは避けられないリスクを知る事ができる)ので…

とりあえず何のトラップもなくポイペトからホーチミンまで17$のバスで行けそうで少し安心です。
マラッカやパンガン、バンコクと比べてホーチミンも一筋縄ではいかないところなので、気をつけて行って来ます。
ひさしぶりにバインミーとバインクォンとバインセオが食べたいなー。
f:id:arfecia:20141104100909j:plain
広告を非表示にする