【ダイエットプロジェクト】 #pdiet 私の食べグセ

こんばんは、くみです。
浜田先生から厳しいお叱りを受け、甘えきっていた自分の性根を治すべく、そしてまた同じ事態を引き起こさないよう、自分の食べグセを振り返りました。
Twitterでつぶやいたのですが、ブログでもまとめておこうと思います。

私の食べグセ1:

機会に弱い。
せっかく越後湯沢来たから、せっかく高尾山来たから…で、普段は摂らない日本酒やお団子を食べてしまう。

【対応策】

ダイエット中はあまり特別なお出かけはしない

私の食べグセ2:

人に合わせてしまう。
あれが食べたいという人のリクエストや、食べきれないから助けて、という要望につい応えてしまう。また人との食事時に少食だと失礼かな、不快かなと気になってしまう。

【対応策】

私の事情を気遣ってくれる人と食べる。接待は避ける。

私の食べグセ3:

目の前にあると食べてしまう。
3食分、と思って作った料理でも、大皿に入れるとつい全部食べてしまう。アーモンドみたいに袋から直接食べちゃうのもまずい。

【対応策】

洗い物が増えても一食分ずつちゃんとお皿に盛る。今日はこれだけ、と視覚的に意識する。測る。



先週の連続焼肉も、海外のお友達の要望だったり、そのお友達の接待だったりで、私が抜けるわけにも行かなくて、仕方がない…で行ってしまって、で行ってしまったら食べてしまい…と、1・2の複合で色々と食べてしまったのでした…。
どうやったらあれは避けられたのかな、と考えていて、焼肉に行っても自分が肉を食べなければ良かったのかなと思いますが、接待だったりすると全く食べないのも場の雰囲気を壊すし難しい…みたいな事を考えていて、それで食べグセと対応策をまとめてみようと。

3は大学の心理学の授業で聞いた事があるんですけど、太りやすい人とそうでない人の実験というのがあって。
太りやすい人は目の前にあると自分の状況に限らず食べる。例えば、テーブルに食べ物が置いてあると、自分がお腹空いていても空いていなくても食べる。これが冷蔵庫に入っていると、お腹が空いていても食べない。
一方そうでない人は、テーブルの上においてあっても、自分がお腹が空いていなければ食べない。空いていれば食べる。冷蔵庫に入っていても、お腹が空いていなければ食べないし空いていれば食べる。
という事らしいです。
つまり太りやすい人ってお腹が空いていなかろうが目の前にあると食べてしまうという事なんですね。そして私はそのタイプなんだなと…><
だから「冷蔵庫に隠す」じゃないけど、一食分をちゃんと分けて、残りは目に見えないところにおいておくようにしないと食べ過ぎてしまうんだと思います。


この3つの食べグセと対応策を意識して、残りの一ヶ月、先週・先々週のような事がないようにダイエットチャレンジを続けていきたいと思います。

広告を非表示にする