WISH2009に行ってきました:Twitterは自分がワクワクする事との縁作りを助けてくれる

今日はWISH2009 いうイベントに行ってきまして。

イベント自体もすごく面白かったのですが、Twitter(というか、今のネットコミュニケーションのあり方)ってすごいな、って思わされた事がありました。

目次

Twitterのフォローで広がる、ワクワクする情報

WISHはかなり前から楽しみにしていて。周りのTwitterつながりのGeekな人たちからも「あれは絶対面白いよ!」と聞いていたのでワクワクしていました。
しかし予想外の業務が入ってしまいなかなか会場に向かう事が出来ず、Twitterにつぶやいて悶々としていたのです。

そしたら、わたしのTweetを見たフォロワーの方が、『WISH』って何だろう?と思ったらしく、覗いてみたらとっても面白いイベントだった!と…
わたしの発言でその方とWISHが出会ったという事で、セミッター等でも楽しそうに発言されていて。

これはわたしにとってもすごく嬉しくて。
わたしも日々、いろんな面白いイベントやオフ会や、そういう自分の趣味や嗜好に合っていてワクワクする情報をフォロワーから頂いています。そういう実感が毎日あって。

Twitterから生まれる、そういうワクワクしたものに出会える縁のようなものが、すごいなぁって今純粋に感動しています。
ワクワクすることの縁加速ツールっていう感じなのかな。すごいねえ。

セミナーやイベントのネットによるオープン化

また、フォロワーの方がイベント会場に行かなくても『参加する』事ができたのはUstreamやセミッターがあったからですよね。
Twitter+Ustream+セミッターすごい!
そしてスタッフや運営の方すごい!

セミナーやイベントのオープン化というのかな。これはほんと経験しておくべきですね。
セミナーを開く方も、自分の講演が裏でニコニコ動画みたいにコメントをつけられてたらすごくエキサイティングですよね。聴衆が、考えている事をセミナー中にあんなにコメントするって、今までにない感覚。絶対セミナーのあり方が変わると思う。

WISH2009自体の感想

ちょっとだけイベントのことを書くと、自分の中で一番気になったのは名刺のソリューションでした。それは純粋にビジネス的な視点で(笑)
あと、RSS連携カーナビもいろんな企画が立てられそうで、もっと詳しいことが知りたいです。自分の今の仕事に組み込めそうだなあ、と。
あと遠くてはっきり見えなかったんだけど、百式の田口さんがイケメンぽかったです!!もっとあっち系(どっち?)かと思っていたので意外でした〜!

ではではおやすみなさい・・・

 

広告を非表示にする